スッキリ解消

残便感の原因

薬

排便後にも、まだお腹に便が残っている感じがすることを、残便感といいます。残便感が生じる原因としては、腹筋が衰えていることや、摂取する水分が不足していることなどが挙げられます。腹筋が衰えると力を入れて便を出し切ることが困難になりますし、水分が不足していると便が硬くなって出にくくなるのです。 しかしそれらに特に問題がなくても、残便感が生じやすいという人もいます。そのような人の場合、腸の働きが弱くなっていることが原因として考えられます。したがって解消するためには、腸の働きをサポートする乳酸菌を、健康食品によって摂取することが有効と言えます。 乳酸菌の健康食品は、サプリメントの場合は1ヶ月分が1〜3千円ほどで販売されていることが多いです。腸にしっかりと届くように工夫して作られているものほど、高い効果が出やすいですし、価格も高めになっています。

乳酸菌の効果的な摂取

排便は、腸内の悪玉菌によって阻害されるのですが、乳酸菌にはその悪玉菌の働きを阻害する力があります。そのため摂取することで、スムーズな排便がおこなわれやすくなりますし、残便感は生じにくくなるのです。 乳酸菌は、食事の後に摂取することで、胃酸に負けずに胃を通過しやすくなります。その結果、摂取した乳酸菌の多くが腸まで届きますし、その分悪玉菌をしっかりと抑えてくれるようになります。さらに、その食事でオリゴ糖を摂取したり、オリゴ糖が配合されている乳酸菌のサプリメントを飲んだりすると、より高い効果が出てくるようになります。オリゴ糖は乳酸菌のエネルギーとなるので、摂取することで乳酸菌がパワーアップしたり増殖したりするようになるからです。