残便感の改善には

残便感の改善に良い成分

薬

便が出にくかったり、出てもまだ残っているような感じのする残便感は、とても気分の良いものではありません。 腸内の炎症や脱肛、ガンの危険性も考えられる症状でもあるので注意が必要ですが、その可能性がない場合、原因は便の滑りにある可能性があります。 水分が少なく硬い便は滑りが悪く残便感を引き起こすため、水分を十分に摂って便を柔らかくする必要があります。 しかし、ただ水分をとっても便は柔らかくなりません。便を柔らかくするには水溶性食物繊維を十分な水分と一緒に取る必要があるのです。 そして、腸内環境が悪ければ当然便通も悪くなるので乳酸菌などを摂り、善玉菌を増やしてあげる必要もあります。 残便感の解消には、水溶性食物繊維と乳酸菌、特にビフィズス菌の配合された機能性健康食品を選ぶと良いでしょう。

サプリや健康食品の価格

残便感の解消に良い成分である水溶性食物繊維の中でも、最近注目を浴びている「難消化性デキストリン」は多くのメーカーで商品化されています。価格も500gで1,000円前後と大変手頃で、顆粒状のものが多いため飲みやすく、続けやすいことが特徴です。 乳酸菌やビフィズス菌を含む機能性健康食品も多くのメーカーから1か月分で3,000円前後で販売されており、これらの多くはビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖や作用を助ける乳酸菌を一緒に配合しているものも多く、大変効果的です。 水溶性食物繊維もビフィズス菌も続けることが大切なので、商品を選ぶ際は、自分が飲みやすく続けやすいと感じるものを選ぶようにしましょう。 両方ともに高額なものは少ないので、手頃な価格のものから試してくのも良いでしょう。